あゆみ第二幼稚園ブログ

さや先生 2021年04月22日 初めての午後保育!~あんず~

今日から午後保育でしたね♪
あんずさんは、こいのぼり製作をしました!
「5月5日って何の日?」と聞くと、「こいのぼりの日!」と答えてくれるくらい、こいのぼりに興味を持ってくれている様子がありました。
サインペン、はさみ、のりと、たくさんの道具を使っての製作でしたが、「どんな目をかこう?」「うろこはどうやって貼ろう?」と一つ一つ考えながら、作る姿があり、素敵なこいのぼりのバックを作ることができました!
「はやく持って帰りたい!」という子がいるほど、自分たちのこいのぼりを気に入ってくれているようで、担任も嬉しかったです。

そして、今日からお弁当でしたね。
朝から「今日はお弁当持ってきたんだ」ととても楽しみにしている様子がありました。
お弁当の準備をすると、「先生、みてみてー!」と素敵なお弁当を嬉しそうに見せてくれました!
明日もあんずさんのみんなに会えることを楽しみにしています。

さや先生 2021年04月21日 サインペン、使ってみました!~あんず~

今日は、年中さんで新しく仲間入りした『サインペン』を使ってみました!
『キャベツの中から』の手遊びをしたあと、なんだか、悲しい顔をしたちょうちょさんが・・・
「せっかく、いもむしからちょうちょになれたのに、お友達がいなくて寂しい」と泣いていました。
すると、あんずさんから、「じゃあ、お友達を作ってあげる!」という優しい声があがったので、
担任が「先生、いいものもってるよ!」とちょうちょの形がかかれた紙をみせると、みんな興味をもってみてくれていました。
「それを、クレヨンで塗ったらいいね!」と言ってくれたお友達がいたので、「クレヨンで塗るのもいいよね!でも、年中さんで新しくみんなが使えるようになった『あれ』使ってみない?」と担任が言うと、すぐに「サインペンだ!」と気が付き、ワクワクした表情で答えてくれました。
サインペンを使うときのお約束を伝えると、しっかりそれを守る姿がみられました。
まずは、点々になっているちょうちょさんの羽をなぞってみる所から始めると、担任が考えていたよりもスラスラと書いてくれる様子があり、驚きました。
「ちょうちょさんに素敵な模様をつけてあげよう!」と伝えると、「虹色の羽にするんだ」という子や、「ちゅうりっぷをかいてみたの」という子、「先生とおそろいのハートをかいたよ」という子など、個性豊かなちょうちょさんがたくさんできあがりました!
最後は、はさみで丸くチョキチョキ・・・みんなとっても上手に切ってくれました。
お友達がたくさんできたことで、ちょうちょさんもにっこり笑顔になりました♪
やさしくて、なんでも一生懸命、取り組んでくれるあんずさん。これからも、楽しみながらできることを増やしていって欲しいと思います。

さや先生 2021年04月16日 動物さんを探しに行こう!~あんず・ふたば~

今日はあんずさんとふたばさんとで園内探検にいってきました。
まず、あんずさんに『ぐるんぱのようちえん』のぐるんぱがきて、「お友達とかくれんぼをしていたんだけれど、なかなか見つからないんだ・・・」というと、「一緒に探してあげる!」という優しい声が聞こえてきました♡
昨日新しく覚えた『とんとんまえ』をして、準備万端!
ぐるんぱが「むらさき帽子のあの子たちとも一緒に探したいんだ」と言うとすぐに「ふたばさんだ!」と答えてくれ、まずはふたばさんを迎えにいくことに。
ふたば組に着くと、ふたばさんとあんずさんで手を繋ぎ、動物さん探しにスタート!
途中、動物さんが隠れていたクラスの大きい組さんに挨拶をしたり、職員室や絵本の部屋はどんなお部屋?どんなことをするの?と確認しながら、動物さんを探すことを楽しんでくれていました。
あんずさんはふたばさんに合わせて、一緒に移動する優しい姿、ふたばさんはあんずさんとしっかりと手を繋いでついていく姿があり、微笑ましかったです。
異年齢での活動を大切に、あんずさんには、自分より小さい子にやさしくすることを、ふたばさんには、おにいちゃんおねえちゃん、大好き♡と思ってもらえたらなと思います。

さや先生 2021年04月13日 あんずさんがだいこん畑に!

今日はあんずさんに『おおきなかぶ』のおじいさんが遊びにきました!
おばあさん、まご、いぬ、ねこ、ねずみ、そして、あんずさんの元気な「うんとこしょ、どっこいしょ」の掛け声に助けられて、おおきなかぶを抜くことができたおじいさん。
「かぶもいいけれど、だいこんが食べたいのう」というと、あんずさんのお部屋にだいこんの種をまき、「おいしくなーれ」とお水をあげると・・・おいしそうなだいこんが!
そこから、子ども達がだいこん役となってだいこん抜きをしました!
担任がおじいさんに頼まれて、子ども達を抜きに行くと、「だめー!」「○○くん頑張って!」と自然と周りのお友達が抜かれてしまいそうな子を助けようとする姿が見られました。
抜かれた子は、今度はおじいさんのお手伝い。「ひとりじゃ抜けないの・・・」「一緒に抜こう!」とお友達と力を合わせてだいこん役の子を抜こうと頑張っていました。
おはなしの世界に入って、お友達と力を合わせながら楽しんでくれたようで、担任も嬉しかったです♪
お部屋での活動を通して、新しく同じクラスになったお友達に興味を持ち、お友達の輪を広げていってくれたらと思います。


さや先生 2021年04月12日 ピタゴラどうやって遊ぶのかな?

年中さんになったらお部屋に新しく増える、木の積み木を積み重ねてビー玉の転がるコースを作る、ピタゴラというおもちゃ。
子ども達は興味はあるけれど、どうやって遊ぶものなんだろう?と遊び方が分からない様子でした。
そこで、朝の遊びの時間、まずは担任が、何人かの子ども達と一緒に遊んでみることに!
担任が積み木を2、3個繋げてコースを作り、ビー玉を転がしてみせると、子ども達は「すごいすごい!」「転がった!」と大喜び!
そこから、「これを繋げたらいいんじゃないかな?」「どうしてビー玉が落ちちゃうのかな?」「ここがずれているんだ!」と一生懸命考えて、長いコースを作ろうとする姿がみられましたよ。
帰りの遊びでは、木の積み木だけではなく、丸い円盤のような部品も出してきて、「これどうやって使うんだろう?」「ここかな?」と自分なりに考えてコースを作っている姿もみられました。
組み合わせによって様々なコースを作ることができて、意外と難しく、とっても頭を使うピタゴラ。
担任も子ども達と一緒になって、考えて、工夫して、楽しんで・・・
この遊びを広げていけたらと思います。
カレンダー
前の月 2021年05月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
検索
最近のエントリー
カテゴリー
アーカイブ
RSSフィード